【オリジナルグッズを作るなら!】パル・コーポレーション

北海道は江別市でいろいろなオリジナルグッズ・ノベルティグッズの企画制作をしています。 ここでは無駄に社歴の長いデザイナーがゆるゆると日々の業務その他雑談を語ります。

オリジナル観光土産:熊投

kumanage


当社オリジナルの北海道観光土産「熊投」です。
北海道を象徴するヒグマにまつわる
オリジナル観光おみやげグッズを作ろう!
と自社企画により生まれたのが「熊投(くまなげ)」です。
北海道らしさをキーワードにヒグマを題材としましたが、
イラストで表現するのではなく「ロゴ」で表現しました。
ヒグマとの格闘をモチーフにした力強い「熊投」のロゴ文字と
「かっちゃき傷」が特徴です。


観光土産で発売していた我らが熊投 ですが
なぜかこのたびUFOキャッチャーの景品に採用されるはこびとなりました。
その模様もじきお伝えしたいと考えております。

さらに
先日7月26日付け道内各スポーツ紙によりますと
この「熊投」Tシャツを、あの日ハムの金村投手が着込んで練習したとか…

 26日の楽天戦(札幌ドーム)に先発する日本ハム・金村曉投手(30)が、道産パワー全開で後半戦の好スタートを切る。25日、札幌ドームで行われた全体練習で軽めの調整。「ここからが一番大事。全部勝つつもりで前半戦の借りを返したい」と決意を口にした。球宴休みの際には阿寒湖と富良野に出掛けて英気を養った。練習中にはその旅行時に購入した某運動具メーカーのマークをもじった「KUMA」、金文字で力強く書かれた「熊投」、お立ち台の決めゼリフ(なまら最高)が入った「なまら」と、3種類の北海道名物Tシャツを着用。北の大地の恵みを受けたエースが、7回1失点に封じたシーズン開幕戦と同カードで、快投を再現する。
スポーツニッポン北海道 記事

商品詳細はこちら

野球のストラップ

TOYO

17時現在の札幌の気温は24度…
仕事を終えてビヤガーデンに繰り出すにはちょうどいいお天気です いや、(今日は)行かないですが。

このところ札幌も夏らしい日が続いていますが、夏といえば高校野球。
北海道の代表高は北が帯広白樺、南が駒大苫小牧に先日決定し、特に駒大苫小牧は夏3連覇の偉業に挑戦ということになります。
(ちなみに北大会は母校が2年連続決勝進出 でしたが 2年連続で準優勝…)
夏の高校野球・地方大会

そんな高校野球の選手権出場記念などによく使われるのが
当社の主力商品であるユニフォームストラップです。
チームのユニフォームをそのまま模したストラップで、
特に大きな特長としては「背番号や個人名の差し替えが可能」ということです。
金属モノでこういうことが出来るのは結構スゴイと思います←自画自賛

そんなこともありまして
高校野球に限らず、社会人のチームやリトルリーグのチームなどにも
広く親しまれているストラップです。
くわしくはお問い合わせください。

明日からこども未来博

札幌商工会議所100周年の記念事業として、
あす7月29日より8月20日まで、札幌市は月寒グリーンドームにて
こども未来博が開催されます。
このイベントにも当社から恐竜関係のグッズやイベントのオリジナルグッズなど、
いくつかの商品を納入しております。

ブログ開設しました

このブログを訪れてくださった皆様、はじめまして。
江別(北海道)と東京でイベント関連商品の企画制作卸をしております、株式会社パル・コーポレーションと申します。
このたびブログを開設して自社商品のご案内や、オリジナルグッズに関わるさまざまな情報なども提供してゆきたいと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。

会社概要

社名 株式会社 パル・コーポレーション
会社HP http://www.palcorp.co.jp/
グッズパル

■所在地
北海道江別市東光町33番地の4
TEL 011-383-3116
FAX 011-383-3117

設立 / 平成4年4月(平成14年12月(株)ワコウ物産と統合)
資本金 / 560万円
代表者 / 代表取締役会長 永森富久男
    / 代表取締役社長 齋藤和夫
従業員 / 21名(男9名 女12名)
事業内容 / 記念品総合プロデュース(企画・デザイン・製作・開発)
(YOSAKOIソーラン祭り組織委員会賛助会員、ミズノ パークゴルフ品北海道代理店、円山動物園アニマルファミリー、コンサドーレ札幌サポートシップスポンサー)
営業品目 / イベント関連商品
(旗、幟、Tシャツ等ウェア類、帽子、鞄
伴天、うちわ、タオル、オリジナルホルダー、金属記念品)
褒賞物全般
(カップ、トロフィー、楯、メダル、表彰楯)


大きな地図で見る
livedoor プロフィール
記事検索
営業日カレンダー
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
コンサドーレ札幌も応援しています

同友会
bnr_sapporo
札幌モーターショー2016
bn-sms2016-180-60