20070731105605

オリジナルでグッズを作るにあたって、毎日さまざまなところから様々なデータが送られてくるわけですが
その中で、WordやExcelでデータを送られてくる場合があります。
レポート等文書としてやり取りするのに一般に広く使われているソフトですが
ことデザインで使われる場合には、気をつけていただかなければならない点がいくつかあるのです。

いまどきは色々な書籍があるので、それを参考にPOPやグッズを作られる方も多いと思います。
好きなフォントを使って、多様にレイアウトをして色をつけて という。
それらはご自身でプリントアウトなどして使われる分においては何の問題もないのですが
そのデータを、たとえば「うちわにして数を作りたい」ということになると少々問題が発生します。

mac


まず、フォントの問題があります。
それぞれのパソコンには「指定された文字を正しく指定された通りに表示するためのファイル」が存在します。
この画像はmacのOSXのものですが、WINでも同じように「FONT」というフォルダにフォントファイルが予め搭載されています。
この「フォント」というもの、世の中に何万何十万と種類が存在するものでして
すべてのパソコンに同じフォントが全部搭載されている ということがないのです。
winやmacではそれぞれ標準的、一般的なフォントが入っていますが、その数は極めてわずかで
それぞれのマシン独自のフォント(メーカーによって違うと思います)が入っており、
あまり一般に流布されていないフォントを使ってデザインを作ったりすると
自分では当たり前に指定して使っているフォントが、相手のパソコンでは表示されない。
ということが、どうしても起きてしまいます。
そしておそろしいことに、Wordなどの場合、「データを作ったお客さんが使ったフォントと
違うフォントになって表示されているよ」といった警告メッセージが出ないので
(Illustratorなどプロユースのものは警告が出ます)
お客様が使用したフォントと、データを受けた側が見たフォントがまったくちがうのに
気づかないまま商品を作ってしまう という可能性が発生してしまいます。

実際にはWordなどで来るファイルはすべて疑ってかかっているので(笑
そんな失敗はさすがにしたことはないですが
フォント以外にも、winとmacでは用紙設定がかなり違うので
せっかくきちんとレイアウトしても、macで見るとものすごく崩れるということもあります。
じゃあ全部winで対応してくれればいいじゃないか と思われそうですが
デザイン系はやはりmacが強く、それと何軒もの間を通っていくこともあるので
どんな環境でも正しく表示されるようなデータでやり取りする必要があるのです。

なので最近は、環境にあまり左右されないPDFファイルでのやりとりが一般的になっています。
これだと相手にそのフォントが入っていなくてもきちんと表示されるので
少なくともどんなものを作りたいと思っているかはわかるので
(フォントが指定されず、レイアウトも崩れると何を作ろうとしていたのかすらわからないことがあります)
それをもとに作ることが出来ます。
Wordなどの場合はファイルをPDFに変換するソフトもあるようですが
データとともにプリントアウトしたものを一緒に添付していただければ
それだけでトラブルを回避することができます。

商品を制作する現場でそのまま使えるのは
フォントのアウトラインをとったIllustratorのデータが一番です。
ものによっては高解像度のPhotoshop、JPGデータも使える場合があります。
データ入校について不明な点があればご連絡いただければ、と思います。