【オリジナルグッズを作るなら!】パル・コーポレーション

北海道は江別市でいろいろなオリジナルグッズ・ノベルティグッズの企画制作をしています。 ここでは無駄に社歴の長いデザイナーがゆるゆると日々の業務その他雑談を語ります。

デザインのこと

会社HP(ちょっと)リニューアル

まいどさまです。
今週はオリジナル製作のお問い合わせ等の対応でワタワタしていました。している間に、もう金曜日…

最近ネット経由でのお問い合わせやご注文が本当に増えてきているのに気をよくした私S田は、ネットショップの模様替えや会社HPの模様替えに乗り出しております。
そんなわけで今日は会社のHPの微妙なリニューアルを行いました。
中身はほとんど変わっておりませんが見た目を少し整えました。小じゃれた会社を装ってみました 笑
ですがIEの古いバージョンで見ると努力が水の泡になるほどレイアウト崩れしているので(号泣)ブラウザはなるべく新しいバージョンで見てくださいませ!!

HPのデザインや製作は他所に頼んでおらず全部自前なんですが(一部アイコンなどを無料のサイトからいただいてきたものもあります)やっとWEBデザインの楽しさがわかりそうなところまで来た感じです… 去年は苦悶しながら作っていました。
今後はデザインだけでなく中身も充実させていきたいな と野望は広がる… 広がった野望に実力がなかなかついていかないのが難点…

前回のエントリでご案内しておりますが、明日は社内研修のため臨時休業とさせていただいております。
社内研修といって旅行に行ったりするわけではありません、リアル研修です。
そのご報告はまた週明けにでも…
それではみなさん よい週末を!

にほんブログ村 企業ブログへにほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
↑ランキング参加しています。HP見てくれたらクリック!

HPづくりはむずかしい

もう金曜日になりました。
今日は首都圏でも雪になるほど寒かったそうですが、
こちらはまだまだ絶好調に真冬です。
もちろん今も雪が降っています。
来週サッカーが開幕するので、
この日曜日にはドームのサッカー芝の雪かきを
しなければならないのですが
雪かきしたあともドボドボ雪が降るようなことだけはやめていただきたい…と 天気に訴えてもね…

今日は久々に急ぎ物件がなかったので、
しばらく放置していたグッズパルの手入れをしました。
かわいく変化したところがありますが、
気づいていただけるでしょうか(^▽^)

ブログもネットショップもそうですが、
どこのサイトでもみな「簡単に設置できます!」と、簡単さは必ずといっていいほどアピールされていますが、実際簡単にできるといえば簡単にはできるのですが、簡単に作ったものは「いかにも簡単に作りました」という雰囲気がありありと伝わってしまいます…

そこでデザイナーとしては少しこじゃれたことをしたい
と思うわけですが
そこには 簡単 という言葉とは真逆の知識と技術を要求される世界が
茫漠と待ち構えており…。
これを宣伝したいから、載せよう と思ったことを実際に掲載できるようになるまでは知識修得と実践そして失敗 の連続という激しい遠い道のりを越えなければなりません。CSSはむずかしいよ!(涙)

そんなわけで今日も理想に向かって悪戦苦闘の一日となりました。
繰り返し訪れてくださるお客様に、少しづつでも新しいものをお見せしていければいいなあと思って頑張りますよ。
それではみなさま よい週末を!

にほんブログ村 企業ブログへにほんブログ村 企業ブログ 卸売・小売業へ
↑ランキング参加しています。

WordやExcelデータの扱い

20070731105605

オリジナルでグッズを作るにあたって、毎日さまざまなところから様々なデータが送られてくるわけですが
その中で、WordやExcelでデータを送られてくる場合があります。
レポート等文書としてやり取りするのに一般に広く使われているソフトですが
ことデザインで使われる場合には、気をつけていただかなければならない点がいくつかあるのです。

いまどきは色々な書籍があるので、それを参考にPOPやグッズを作られる方も多いと思います。
好きなフォントを使って、多様にレイアウトをして色をつけて という。
それらはご自身でプリントアウトなどして使われる分においては何の問題もないのですが
そのデータを、たとえば「うちわにして数を作りたい」ということになると少々問題が発生します。

mac


まず、フォントの問題があります。
それぞれのパソコンには「指定された文字を正しく指定された通りに表示するためのファイル」が存在します。
この画像はmacのOSXのものですが、WINでも同じように「FONT」というフォルダにフォントファイルが予め搭載されています。
この「フォント」というもの、世の中に何万何十万と種類が存在するものでして
すべてのパソコンに同じフォントが全部搭載されている ということがないのです。
winやmacではそれぞれ標準的、一般的なフォントが入っていますが、その数は極めてわずかで
それぞれのマシン独自のフォント(メーカーによって違うと思います)が入っており、
あまり一般に流布されていないフォントを使ってデザインを作ったりすると
自分では当たり前に指定して使っているフォントが、相手のパソコンでは表示されない。
ということが、どうしても起きてしまいます。
そしておそろしいことに、Wordなどの場合、「データを作ったお客さんが使ったフォントと
違うフォントになって表示されているよ」といった警告メッセージが出ないので
(Illustratorなどプロユースのものは警告が出ます)
お客様が使用したフォントと、データを受けた側が見たフォントがまったくちがうのに
気づかないまま商品を作ってしまう という可能性が発生してしまいます。

実際にはWordなどで来るファイルはすべて疑ってかかっているので(笑
そんな失敗はさすがにしたことはないですが
フォント以外にも、winとmacでは用紙設定がかなり違うので
せっかくきちんとレイアウトしても、macで見るとものすごく崩れるということもあります。
じゃあ全部winで対応してくれればいいじゃないか と思われそうですが
デザイン系はやはりmacが強く、それと何軒もの間を通っていくこともあるので
どんな環境でも正しく表示されるようなデータでやり取りする必要があるのです。

なので最近は、環境にあまり左右されないPDFファイルでのやりとりが一般的になっています。
これだと相手にそのフォントが入っていなくてもきちんと表示されるので
少なくともどんなものを作りたいと思っているかはわかるので
(フォントが指定されず、レイアウトも崩れると何を作ろうとしていたのかすらわからないことがあります)
それをもとに作ることが出来ます。
Wordなどの場合はファイルをPDFに変換するソフトもあるようですが
データとともにプリントアウトしたものを一緒に添付していただければ
それだけでトラブルを回避することができます。

商品を制作する現場でそのまま使えるのは
フォントのアウトラインをとったIllustratorのデータが一番です。
ものによっては高解像度のPhotoshop、JPGデータも使える場合があります。
データ入校について不明な点があればご連絡いただければ、と思います。
livedoor プロフィール
記事検索
営業日カレンダー
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
コンサドーレ札幌も応援しています

同友会
bnr_sapporo
札幌モーターショー2016
bn-sms2016-180-60